« 北海どぉダァ~!(7/23~29) | トップページ | 大会の個人成績が、きたぁぁぁぁっ! »

2008年8月 7日 (木)

鈴鹿 last run。

第41回二輪車安全運転全国大会に

一般Bクラスの福島県代表選手として出場してきました。

出場のレポートをする前に、460と二輪車安全運転大会の関わりを少しだけ書かせて頂きますと・・・。

460が二輪車安全運転大会に初めて出たのは今から15年前の26歳の時。

当時エンデューロレースに熱中していた私は『もっとバイクが上手くなりたい』と常々考えていいた。そんな時、バイク整備でお世話になっていたマサゴ自動車に勧めていた花輪さんから『上手くなりたいなら大会に出て練習すっといい。』と出場を進めて頂き、二輪車安全運転郡山地区大会(当時郡山には地区予選の大会があった)に出場したのが切っ掛けである。

初めて参加して走るセクションは、教習所の課題で習った事のないブロックスネークや8字レムニーなど、うまく出来ないことが悔しくて仕方なかった思い出があり。成績も一般Aクラスで2位であったのが、1位の選手が行政処分歴があるため、460が福島県大会へ繰上げ出場となり、郡山地区代表選手として県大会でも準優勝を収め、その3年後には県大会で優勝し、第30回二輪車安全運転全国大会に出場する経験を得ました。

以来は、後輩の選手指導に当たっていたのですが、今年の郡山地区代表として出場するはずの選手が骨折する怪我のために欠員が出てしまったため、そこで、指導員ではない460が代りに選手返咲きとなり、福島県大会に出場してみたら何故か優勝して、今回の全国大会への切符を手にすることとなった訳です。

長い説明はこの辺にしまして、460が選手引退の幕引きの舞台となる

第41回二輪車安全運転全国大会の参加レポートをどうぞご覧下さい。

[8/1]鈴鹿へ

郡山駅から新幹線を乗り継いで、白子駅で電車を降りた瞬間

体中から汗がダラダラ流れて止まらないほどの蒸暑さにモォ~グッタリ。coldsweats02

鈴鹿サーキットに着いた喜びも束の間、夕方16:30~のコース下見へ・・・。

コースは当日の午前中に作り始めるので、Aコース(法規履行)だけの下見をして終了。

晩御飯の時間が来たので、喜び勇んでコースから食事会場へ。dash

しかし・・・、そこで食べたのは超激辛sweat01四川風中華料理のオンパレード。wobblysweat01

明日の体調がおかしくなるかもしれないくらい辛い料理に参りながら就寝。sleepy

ウトウト・・・・と、していたら。

バタン!ドカン!ギャハハハハ!ガヤガヤ・・・。ハハハハハハハ!

ロッジ内の騒音が気になって眠れない。

夜22:00以降は静かにしろって書いてあんだろぉぉぉぉ!

こんな時のために耳栓(イヤーウィスパー)用意しておいて良かった。

再びウトウトsleepy・・・・・・と、していたら

今度は安協のおとっつぁんのイビキが気になって寝れない・・・。shock

しっ、シヌルゥゥゥ・・・。

[8/2]大会初日

ボーットした顔で、おはようございますぅぅぅ。(完璧な寝不足sad

トイレに入って昨夜食べた料理がいかに激辛だったかを痛感!つーかスゲー痛かった。

コースの下見・選手受付・開会式・監督選手審判ミーティング・試走・慣熟走行・と来て

いよいよ競技開始の時が来ました!

Dsc_3546

でも、460は寝不足に弱い体質なので、ボォ~ッ・・・・。

そうそう、ご紹介が遅れました。

今回も写真撮影をして頂きましたのは吉田宏信指導員様です。

吉田指導員は美白餅肌のため、長時間紫外線に当ると溶解するという

リスクを負いながらも撮影をして頂き本当に感謝申し上げます。

Dsc_3548

初めのトライはDコースよりスタート。

課題は悪路応用走行です。

ビニールシートに水を撒いて滑りやすくしてある路面なので

アクセルは一定にして急激な駆動はスリップダウンにつながります。

さぁ、上手くいくでしょうか?

Dsc_3550 Dsc_3551 Dsc_3552

合同練習では一度しかクリーン出来ませんでしたが

本番では以外と簡単にクリーンできました。

ここはスタンディングよりシッティングの方がリカバリし易かったです。

お次はブロックスネークです。

でも、競技マニュアルとはずいぶんと違う曲がり方と段差の並び方ですねぇ・・・。

Dsc_3553_2 Dsc_3554

二段目の段差が早いせいか、バランスを崩してヨタヨタ・・・。

しかも、タイムカウントが飛んでしまって、今が何秒か判らなくなってしまいましたぁ~。

Dsc_3555

最後はへっぴり腰ぃ~。(はずかしぃー!)

結局基準タイムから0.2秒のタイムショートで5点減点。weep

さぁ、吹っ切って次の8字レムニーへ行こう!

Dsc_3561

コースが片斜面だったけど、広々としたラインだったので余裕でクリーン。

Dコースはこの3つで終わり。

次はCコース[応用千鳥・ストレートブリッジ・傾斜地]の3つにトライです。

Dsc_3572

何となく千鳥3レーン目の奥行きの幅が狭かったように思うのですが気のせいかな?

ちょっとビックリしたけど無事にクリーンできました。

Dsc_3575 Dsc_3577

460はやっぱりストレートブリッジは苦手だなぁ。

20.04秒でギリギリクリーン。bleah

Dsc_3578

Dsc_3581 Dsc_3584

傾斜地の最初の登坂でフロントタイヤがオンザライン・・・。

残念ながらコースアウトで40点の減点!!crying

落ち込むこの心に愛の手は差し伸べられることも無く本日の競技は終了!

この後、明日のパレード説明を経て、鈴鹿サーキットフルコース体験走行を行った。

でも、ヘアピンの所で先行していたスクーターグループに追いついてしまい

そこから60kmの低速走行・・・。(もー最悪。)

話は変わって夜のパーティーで重要な話がありました。それはご来賓の祝辞で二普協の会長がおっしゃっていたことで、胸パッドの着用を是非推進して欲しいのだそうです。

何故このようなことをおっしゃっていたかというと、昨年不慮の交通事故で亡くなったプロライダーの阿部ノリックの交通事故で、もし胸にパッドが着いていればノリックの命は助かっていたのだそうです。

ノリックの死は今となってはもうどうにも出来ないことですが、今生きてバイクで走ることが出来る私たちライダーは、その教訓を受け止めて死亡事故防止のためにも、胸パッドをライダー皆で着用して欲しいと訴えていた。

これを読んでくれたライダー諸君、是非とも胸パッドの普及に協力しましょうね。

自分の命ために。

[8/3]大会2日目

昨晩も安協のおとっつぁんのイビキにすっかりヤラレました・・・。

今度はゲリで力が抜けるぅぅぅぅ。

夏バテのような急激な体力消耗と、寝不足で体調は最悪。

今日は朝からスケジュールがギッチリ入っていて

気付いたらスタートの時を迎えていました。

一発目はBコース

[スラローム・コンビネーションスラローム・コーナリング]です。

Dsc_3616

スラロームを気張って走ると

車体外接地とゲリ漏れの恐れがあるので慎重にトライ。

二秒足らずで10点減点

Dsc_3627

コンビネーションスラロームも踏ん張らないように走って

2秒遅れの10点減点!

Dsc_3632

コーナリングもタイムショートで5点減点。

いよいよ最後のAコース[法規履行・ブレーキング]に突入

Dsc_3643

法規履行走行前に佐藤指導員から教わったピョンピョン飛び。

低速のバランス取り上手く行きますように・・・。

Dsc_3647 Dsc_3648

Dsc_3649 Dsc_3651

Dsc_3650

法規履行走行での減点は

その他の減点から結果の点数を引いて

多分ですが30点減点の予測です。

狭いコースなのでポイントが分かりづらく

どこで減点されたのかは不明で

他県のチームからの指摘では

どうも福島県チームだけ違う走行ラインで走ってたみたいですね。

来年の福島県チームのためにキッチリ反省点をリポートしなくちゃ。

そして、いよいよ最後の課題であるブレーキング。

キッチリ55km/hまでスピード乗せて・・・。

Dsc_3652

Dsc_3655

とまれぇぇぇぇ!

スピードの発表を聞いたら『50.43km/h』!

意外とスピードが落ちてましたのでギリギリ危なかったぁ~!

ここは何とかクリーンして、すべての競技が終了しましたぁ~!happy01

発表になった結果は1000点満点中 900点という結果でした。

悔しいやらゲリを我慢して妙に疲れたやらで、早く家に逃げ帰りたい。

この時ほど穴があったら入りたい気持ちで一杯になりました。

なにがともあれ、出来ることはすべて出し尽くしました。

今後は大会の選手から退いて、バリバリのやる気満々な選手を育てることにします。

何故かって?460は大会でストイックに走るより

無理せず安全に、美しい福島の自然に囲まれながら

自分時間でバイクに乗ることの方が向いているからです。

最後になりましたが、今般の大会出場に当りまして

ご協力とご支援を頂きました皆様に感謝を申し上げますと供に

直接の技術指導を賜りました二輪車安全運転推進委員会

■特別指導員

  石森吉次様・小俣健太郎様・大堀俊二様

■指導員

  佐藤晃正様・吉田宏信様

皆様には一方ならぬご指導を頂きましたことに対し

心中より感謝とお詫びを申し上げる次第です。

結果が出せませんでしたこと、本当に申し訳ございませんでした。

Dsc_3569

埼玉県チームの優勝おめでとう!

2008年夏、共に鈴鹿で競い合った全国のトップライダー達に乾杯だぁ~!beer

以上、夏バテと下痢でヒドイ目にあった、460の全国大会出場リポートでした。

|

« 北海どぉダァ~!(7/23~29) | トップページ | 大会の個人成績が、きたぁぁぁぁっ! »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントが遅くなりましたが、炎天下の鈴鹿で、しかも寝不足と下痢に悩まされながらの全国大会出場、本当にお疲れさまでした。
友人のひとりとして、どんなことにも臆さず、面倒くさがらず、全力を尽くす460のことを誇りに思います。
ご本人としてはやや不本意な結果だったかもしれないけれど、よく考えたら1000点満点で900点も取ったってことは100点満点だったら90点ってことだよ(当たり前か)・・・42にもなって、万全ではない体調で、しかも全国大会のプレッシャーの中で、そんな立派な成績が取れたということだけでも、立派な「オヤジの星shine」だと思います。

もう一度、本当にお疲れさまでした。

>今後は大会の選手から退いて、バリバリのやる気満々な選手を育てることにします。
何故かって?460は大会でストイックに走るより無理せず安全に、美しい福島の自然に囲まれながら自分時間でバイクに乗ることの方が向いているからです。

まったく賛成です。
次はぜひ美しい福島のツーリングでご一緒させてくださいhappy01


投稿: オヤジライダーばんでっと | 2008年8月11日 (月) 15時15分

大会お疲れさまでした。かなり頑張ってきたようですね。結果もまあまあなのでは、、、なにはともあれ、怪我せずに帰って来れて何よりじゃ、、、
これからは指導者としての人格を養いつつも、(これ重要!!)元気に朗らかに、腹回りを整理して(ここも重要!!テストに出るからアンダーライン引いとけ〜)歩んでいってくれる事を望みます。
おつかれさん!

投稿: SECRET RIDER | 2008年8月16日 (土) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517618/42097817

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴鹿 last run。:

« 北海どぉダァ~!(7/23~29) | トップページ | 大会の個人成績が、きたぁぁぁぁっ! »