« 2008年10月14日 | トップページ | 2008年12月10日 »

2008年10月21日

2008年10月21日 (火)

秋風に 胸躍らせて 三輪車

10月18日(土) 雲ひとつないsun快晴sign03

仕事柄、仏滅の日は比較的暇なので、今日は休日にしちゃいました。

新聞を読んだら、福島市にある農道空港『ふくしまスカイパーク』

airplaneアクロバット飛行が見れるとのことだったので

家族3人ひまわり号(サイドカー)に乗って、ノコノコお出かけしました。

Dscf8925

娘さんはアクロバット飛行を見るのは初めて

家族全員アクロバット飛行ってものが具体的にどんな事なのか

ぜーんぜん理解していないまま出発ーつ!

Dscf8927

スカイパークの入り口付近からは結構な渋滞・・・。

急な上り坂で、しかもノロノロ運転なのでクラッチが焼けちゃいそうです。

Dscf8932

最初に見たのは、二人の女性スカイダイバーによる降下。

何と!2000mもの上空から飛び降りてきたそうです。(飛行機から飛び出すときが恐そー!)

パラシュートが開かない時は、時速200kmくらいで降下するんですって。

着陸する時でも、建物の二階から飛び降りるくらいの衝撃があるんだとか・・・。

460もサーキットのストレートエンドで200km以上出したことはあるんで

どれくらいの風圧なのかもわかるんだけど、横に移動しての200kmじゃなくって

地面に向かって堕っこちて行く200kmなんて、自分にはとても信じられない・・・。

Dscf8935

結構な観客動員があり、2000人以上はいたでしょうか

この日の午前中だけでも大勢の人で賑っていました。

私たち家族は実際にアクロバット飛行を見るのは初めて。

あまりに曲芸がスゴくって、写真を撮ることも忘れて

口をポカーンと開けて見入ってしまいましたが・・・。

首を上に向けたままの姿勢が2時間も続くと

首と肩がスンゴク痛くなるんですね~。

そう、上空で演技をするアクロバット飛行を見るためには

身体を椅子に踏ん反りかえして見ているか

ビーチベッドに寝そべるみたいにしないと

身体が持ちませーん!shock

ちなみに、天気が良いと太陽が目に入るので

偏光レンズのサングラスeyeglassに日焼け止めも必需品でした。

Dscf8938

オープニングでグルングルン回っていたピッツ。

見ている方も目が回ってしまいそうでした。

Dscf8936

この3機がアクロバット専用の飛行機。

性能差のある飛行機で編隊飛行するのはとても難しいのだそうですが

実際の編隊飛行はでもとても綺麗でしたよ。(460はバイクで態走行が好きっ!)

しかし、スホーイのドスの効いたエンジン音は凄かったなぁ~。

Dscf8942

その後も多種の飛行機(実機や大きいラジコン)がバンバン飛びまわります。

Dscf8943

風船割りに向かうセスナ172スカイレーン。

空の上はきっと気持ち良いんだろうなぁ。

460も乗ってみたいなぁ~。

お昼ごはんを食べた後に、見上げてばかりのショーに娘さんが疲れちゃいまして

米沢市 → スカイバレー → 裏磐梯 → 猪苗代 → 郡山の自宅

上記のルーティンで、チョイト遠回りのツーリングをして家に帰ることにしました。

Dscf8947 Dscf8948

Dscf8950 Dscf8951

国道13号線を米沢方面に走って東栗子トンネル、全長2,376mを通過。

娘さんはトンネルに入ると即効で寝ます。(インカムから寝息が聞こえるんですね。)

Dscf8953

東栗子トンネルを出ると、ほどなく460が昔よく来ていた栗子スキー場の前を通って

Dscf8954

すぐに西栗子トンネルに入ります。

この東栗子・西栗子の両トンネルについて言うと

新しい甲子トンネルなどに比べるとトンネルの幅が小さく

ススだらけの壁面が手伝ってか照明の反射効果が低いため坑道全体が暗い。

路面も荒れていてサイドカーの場合急にハンドルが振られるんで

大型トラックとすれ違うとき、妙~に緊張sweat01するトンネルなんです。

Dscf8956

崖っぷちの米沢藩を立て直した『上杉鷹山』公の銅像前でパチリ。

460のお店も財政を立て直せるようあやかりたーい!

Dscf8957

来年の大河ドラマ決定で、ゆかりの地も賑やかになりそうです。

Dscf8958

この日の上杉神社は観光客でいっぱいでした。

大河ドラマの効果ってすごいですよね。

Dscf8961 お約束!!

Dscf8963

何の撮影?

Dscf8967

これまたお約束でおみくじ引いて運試し。

良いことがありますように。

Dscf8968

なせば成る・・・は、名言ですね。

さて、夕方も近くなってきましたのでスカイバレーに上りましょう。

Dscf8977

山形県側より磐梯吾妻スカイバレーに上りまーす。

[460の道路情報] 米沢方面→裏磐梯

このスカイバレーは無料化になってから今年で2年目ですが

有料道路時代と比べても、たいして道路の痛みは変わりませんでした。

北斜面の山形県側は、変化に富んだカーブが多い道。

うねりのあるバンピーな路面が気になる程度

でもあんまりグリップの良い舗装面とは言えませんので飛ばしすぎにdanger注意。

特に夕方は日当りによって、少々グリップに違いを感じますので

寒くなってから行かれるライダーの皆さん方は十分にご注意くださ~い。

南斜面の福島県側は、まさにヘアピンカーブのハシゴ。(七曲りとも言う)

桧原湖に近いエリアで路面の荒れが目立つ程度ですが

オーバースピードでない限り、崖下に吸込まれる思いをすることは無いと思います。

ちなみに今回みたいにサイドカーですと、二輪車の乗り方とは相当変わりまして

下りのヘアピンでは、路面傾斜と逆の遠心力でカー側が非常に浮きやすいんですね。

腕力で曲げるのも面倒なんで、立ち上がりアクセルでドリフトして曲げてみようとしたら

あらら大変。余計目にカー側がガバッと浮いちゃって転覆しそうになっちゃいました。coldsweats01

ママさんが『ギャァァァ―恐ぃぃぃ~!やめろぉ~!』と絶叫。happy02

ヘルメットを遠慮なしに後ろからimpactバカスカ(ボコボコ?)に殴ってくるので

バイク側に転覆する前に、460が失神wobblyしちゃいそうになりましたです・・・。

サイドカーで奥様連れの皆さん、峠道でのパッセンジャーの暴力にご注意ください。

Dscf8979

標高1200mを越えた辺りから、紅葉もだいぶ色づいてきました。

Dscf8988

空気が澄んでいると、秋の空もいっそう高くて気持ちがイイー。

Dscf9000

ススキが光りだすと、深秋の訪れを濃厚に感じます。

Dscf9004

スカイバレーより裏磐梯・桧原湖を望む。

Dscf8996 Dscf9010 Dscf9007

Dscf9018

桧原湖畔のparkingで一休み。

ママさんはスカイバレーの下り道での、絶叫&殴り疲れのようですね・・・。

レークライン入り口の交差点近くで『無添加アイスクリーム』の看板を発見!

カップアイスクリーム1つで楽しいコミュニケーションタイム。

コーヒーも美味かったぁ~。

『アイスクリーム一口ちょうだ~い』 『ダメェ~!』

お店の前で騒ぐ迷惑家族・・・。

Dscf9023  Dscf9030  Dscf9024

Dscf9032 Dscf9029

二人とも仲良してね~。

Dscf9034

猪苗代の川桁を通る頃には日没を迎えようとしています。

PM16:00過ぎの気温は14℃、だんだんと寒くなってきましたねー。

Dscf9035

今日はバイクバカ家族にとって、秋の風をたくさん感じて走ることが出来たので

みーんな満足できて、とぉ~っても楽しぃ~一日なのでした。

今日のcameraファイナルシャッターはみんな笑顔で『パチリ!』

PM17:00には無事故で郡山市の自宅にmotorsportsGOAL。(←訂正したよぉ~。)

福島県の会津地方でも今年の秋は暖かい日が続いております。

10月下旬までならばclockAM9:00~PM16:00くらいの間なら

まだまだ防寒着ナシでも、そこそこツーリングは出来そうです。

皆さんもそれぞれのmaple秋を探しに出かけませんか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月14日 | トップページ | 2008年12月10日 »