« 2008年12月10日 | トップページ | 2009年1月5日 »

2009年1月4日

2009年1月 4日 (日)

賀正~ん!

2009年 賀正

拝啓 fuji新年あけましておめでとうございます。

このブログをご覧いただいております皆様にとって

今年一年が事故や怪我のない、良い年でありますようご祈念申し上げます。

今年も460はツーリングライダーの視点で東奔西走しまくっては

バイクバカな情報を発信してまいります。

どうか飽きずにお付合いくださいますよう

お願い申し上げる次第です。          敬具

ってことで、せっかくの正月休み

呑んで喰ってブクブク太ってるばかりではイカン!と思い

元日に極楽トンボ(TLM220R)のメーター周りの仕上げをしてみました。

(つまりは前回のスピードメーターレポートの交換の続きですな。)

メーターのセンサーステー箇所が見たい。とのリクエストがありましたので

写真のように取り付けましたんで、どうぞご覧下され。

Dscf9802 Dscf9801_3

取り付け概要ですが

フロントブレーキキャリパーの上側のボルト穴に

長さ10cmのボルトをくぐらせ、先にキャリパーを締め付けて固定します。

キャリパーを突き抜けたボルトにアルミ管のスペーサーを取り付け

そのスペーサーの先っぽにセンサープレートをナットで更に締め付けて

飛び出したボルトの先っぽを、さらにグラインダー等で削れば完成!! って寸法です。

ちなみに、スポークに取り付けたセンサーとの間合いをとるためには

スペーサーにするアルミ管をグラインダーなどで少しずつ削り

長さを調整しながらセンサー位置を決めていく必要があります。

それにボルトはキャリパーも共締めするので根元までネジ山が必要で

郡山周辺のホームセンターを廻っても根元までねじ山のあるものがみつからず

ダメ基でバイク屋さんに行ったら、使い古をもらう事が出来てラッキーでした。

で元旦の作業はというと

前回ほったらかしにしていたインジケーターランプの取り付けです。

Dscf9798

ランプの取り付けステーを自作するのに

余っていたアルミ角柱パイプを使用しました。

まずは↓こんな風に削り出して

Dscf9797

元日の朝からグラインダーの騒音まき散らしてランプステー作り・・・。

近所の皆さん、ゴメンナサ-イ。

Dscf9799

ニュートラルランプと、OIL警告灯を付けて出来上がり!

と、思ったら・・・。

Dscf9808

ニュートラルランプに使ったLEDランプが奥に引っ込んでしまい

仕舞いには取り付けたランプのアウターの後ろにスポっと抜けてしまいました。

ランプとそのアウターは接着剤のようなもので付いていたのが

接着不足か何かで剥がれちゃったようです。

仕方なく460の四次元ポケットから取り出しましたのは

Dscf9812

タラララッタラ~『エポキシボンドォ~!』

のび太くん、このボンドはA材とB材をコネコネ混ぜて塗ると

材質を問わず脅威の接着能力を発揮する、優れものなんだ!

へぇ~こりぁスゴイや~。ありがとードラえも~ん!

Dscf9813 Dscf9814_2

コネコネ、ネバネバ・・・。

と、よーっくと混ぜ合わせて5分以内に接着させないと

すぐに硬化がはじまってしまいます。

Dscf9818

振動が大きい2stトライアルですので

アウター内にムラなくしっかりとヌリヌリします。

Dscf9819

下から押し上げて、24時間固定すれば完璧に固着します。

ちなみに今回使ったゲル状の他に、粘土状のエポキシボンドなどがあって

バイクのプラスチック(サイドカバー)の突起が折れた場合など

普通のボンドで接着不可能なものの補修にも使えるので

この二種類のボンドは特に重宝してます。

Dscf9805

というわけで、極楽トンボ(TLM220R)のメーター減量作戦が完成!!

このあと試乗は後回しにして、結局はbottle呑み正月に突入してしまう460なのでした・・・・。

そういゃ昨年の9月(二輪車安全運転全国大会)から4kgも増えてる・・・。

あーどうしよう、pigデブが止まらない。

beerbottlenoodlefastfoodbreadbarriceball誰かたすけてー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月10日 | トップページ | 2009年1月5日 »